診療時間

11:00~14:00/16:00~20:00
土曜日 9:30~14:30
※休診日 月曜日午前・木・日祝

完全予約制

ご予約は診療時間の30分前からお受けしております。
お電話でご予約ください。
※非通知設定のお電話からは、
「186」を付けてお願いします。
最終受付は平日が19時20分、土曜日は13時20分となっております。

適応障害について

適応障害

適応障害は、進学、就職、結婚など新しい環境にうまく適応できずに、うつ状態や不安状態、 攻撃的な行動などの症状が現れて社会生活に支障をきたすことをいいます。

特定のストレスが原因となっている心の病のひとつで、ストレスが始まってから3ヶ月以内に症状が出現します。

例えば

  • 異動や昇進により、新しい職場環境や仕事になじめない
  • 上司や同僚との人間関係がうまくいかない
  • 夫(妻)の両親とうまくつきあえない
  • いじめ
  • 失恋

など・・・

適応障害は、適応能力の低さが原因ではありません。また、「怠け」や「わがまま」でもありません。

社会環境のストレスと生まれながらの性格や素質とのバランスによって、落ち込んだりいらいらしたりと いったいろいろなストレス反応が出ることがありますが、これらは社会環境やその変化などに適応するための 必要な反応です。

けれども、ストレスが過剰で長く続いたり、ストレスに対して過敏であったりすると、 バランスが崩れてさまざまな症状が現れます。

適応障害の症状

  • 情緒的な症状
    不安、抑うつ、焦燥、過敏、混乱など
  • 身体症状
    不眠、食欲不振、動悸、全身倦怠感、易疲労感、頭痛、肩こり、腹痛など
  • 問題行動
    遅刻、欠勤、早退、過剰飲酒、ギャンブル中毒など
  • 対人関係や社会的機能が不良となり、仕事に支障をきたしたり、 引きこもり状態になったりすることがあります。

適応障害とうつ病

適応障害の症状はうつ病の症状と似ているところがありますが、適応障害の人はストレスがないところでは 元気でいられることもあるという点でうつ病とは異なります。

うつ病は特定のストレスが原因となっている場合と、特に原因が見当たらない場合があります。

適応障害を治療せずに放っておくと、「特定のストレスが原因で発症した”うつ病”」へ移行することがあるのです。

適応障害の治療

適応障害は適切な治療を行えば必ず治ります。

  1. 環境調整
    まず、原因となっているストレスを軽減しましょう。環境を適応しやすい状態に整えることや、 場合によっては休職や休学をして休養することで心のエネルギーを回復することが必要です。
  2. 薬物療法
    不安には抗不安薬、うつ症状には抗うつ薬の服薬など、それぞれの病状に応じた 薬物療法が必要な場合もあります。
  3. 心的葛藤に対してカウンセリングを受けることで混乱した心の整理をしたり、 心理的な援助により社会に適応できるようにすることも大切です。

適応障害になりやすい人

  • 何でも徹底的にやりたい人
  • 仕事が好きな人
  • 責任感が強い人
  • 几帳面な人
  • 頼まれると断れない人
  • 気が小さい人
  • 評価を気にする人
  • 朗らかで明るい人
  • 傷つきやすく、それを引きずる人

生活上の注意・予防

  • 適度の休養や気分転換を心がけ、ストレスをためないような生活の工夫をすること。
  • 一人でくよくよ考えずに、家族や友人などに相談すること。
  • 自分のペースを知り、その上で周りのペースに適度に合わせられるようになること。
  • 人といかにつきあい、自己実現するかというソーシャルスキルを身につけること。