診療時間

予約変更の際のご連絡は、診療時間の30分前からお受けしております。

11:00~14:00/16:00~20:00
土曜日 9:30~14:30
※休診日 月曜日午前・木・日祝

完全予約制

お電話でご予約下さい。
※非通知設定のお電話からは、
「186」を付けてお願いします。
電話受付は、平日が19時00分、土曜日は13時00分までとなっております。

対人関係療法

1.エルデは 日本で 対人関係療法(IPT)を行っている数少ないクリニックです

対人関係創始者のマーナ・ワイスマン博士と

IMG_0056.jpg

対人関係療法の創始者、コロンビア大学教授のワイスマン博士とお目にかかれました。日本がお好きな方で、物腰の柔らかい先生です。
著書は、水島広子先生が翻訳されました下記の本です。
対人関係療法総合ガイド
臨床家のための対人関係療法クイックガイド

対人関係療法を精力的に取り組んでいるジョン・マーコヴィッツ博士と

IMG_0063.jpg

対人関係療法の先端をいき、現役でもバリバリの対人関係療法家のコロンビア大学教授のマーコヴィッツ博士とお目にかかりました。
水島広子先生の兄貴分です。とても気さくで、物腰の柔らかい方です。
まさに、対人関係療法家が植物的であるのにぴったりな先生です。この方こそ、対人関係療法家だと思いました。
トラウマ、PTSDにも意欲的に取り組んでいます。
著書は、ワイスマン博士と共著の上記の本です。
ワイスマン博士、マーコヴィッツ博士ともに当ホームページへの写真の掲載を快く許可して下さいました。

2011年6月23日に院長が国際対人関係療法学会(is IPT)、アムステルダムにて摂食障害の研究を発表しました。

ams.jpg

2012年11月22日に院長が、ドイツ精神神経学会総会(DGPPN KONGRESS)、ベルリンにて、摂食障害の研究を発表しました。

2012年11月22日に院長が、ドイツ精神神経学会総会(DGPPN KONGRESS)、ベルリンにて、摂食障害の研究を発表しました。

2014年5月16日-17日に院長がドイツ フライブルク大学で対人関係療法のワークショップを受けました。

これは、フライブルク大学精神科病院です。林の中に囲まれてとても静かで暖かみがある開放感のある病院です。
フライブルク大学精神科病院

フライブルク大学 精神科 精神療法教授 シュラム教授と

シュラム教授
2016年7月13日に院長がドイツ フライブルク大学で対人関係療法ワークショップ 児童・思春期版対人関係療法のワークショップを受けました。
7月15日には、ドイツ対人関係療法学会の開催式・会議に出席しました。
ドイツ フライブルク大学教授のシュラム博士と今回で3回目の会談です。
シュラム教授はドイツの対人関係療法の第一人者で、対人関係療法の治療者教育をドイツ国内で精力的に取り組んでいます。国際対人関係療法でも活躍されています。
シュラム教授はとても繊細で柔らかい方です。そしてもの凄い量の仕事をこなされます。私はに習うべき点がたくさんあります。
シュラム教授は、当ホームページへの写真の掲載を快く許可して下さいました。

2019年10月10日-12日に院長がドイツ フライブルク大学で対人関係療法のワークショップを受けました。

今回のワークショップは早朝から夜まで、講義、ディスカッションと、参加者同士の患者-治療者役のロールプレイ練習漬けでした。内容も前回と比べ新たに加わり、宿題もあり、非常に厳しい勉強会でした。終了後も、まとめの報告書をドイツ語で書いて提出するなど、勉強漬けでした。しかし、とても実りの多いワークショップでした。
フライブルク大学精神科病院

対人関係療法(IPT:Interpersonal Psychotherapy )の簡単な紹介

  • エビデンスベイストな(科学的な研究の結果、治療効果があると立証された)、世界で行われている「短期(間集中)精神療法」です。
  • 対人関係療法(IPT)は、セッション回数をあらかじめ決めて行う期間限定の治療ですが、その効果は治療終了後も維持されることが臨床研究で明らかに示されています。
  • 特に、うつ病、摂食障害(過食症・拒食症)、PTSD(トラウマ関連障害)、不安障害への有効な治療と証明されています。
    対人関係療法体験記
    対人関係療法の結果
  • 日本では、水島広子先生が第一人者として対人関係療法専門のクリニックで治療を行うとともに、普及啓発に努めておられます。
    (対人関係療法の詳細については、どうぞ水島広子先生のクリニックHP数々の著書にてご覧下さい。

メンタルクリニックエルデでは、

  • 対人関係療法研究会のワークショップにて、「国際的なIPTトレーナー」である水島広子先生による正式なトレーニングを定期的に受け、臨床経験を積んでいる「医師、 臨床心理士、公認心理師、および精神保健福祉士」が対人関係療法にあたります。
    受講証明書
  • いずれのIPT治療者も、IPTを受ける方が「安心・安全」を感じながら治療を進めていけるように、患者さんとの共同作業であるという目線をもって一緒に治療を行います。
  • 摂食障害(過食症・拒食症)、PTSD(複雑性PTSD,トラウマ関連障害)、持続性抑うつ障害(気分変調症・気分変調性障害)の対人関係療法を積極的に行っています。
    摂食障害について
    PTSDについて
    持続性抑うつ障害(気分変調症・気分変調性障害)特に、過食症の方の治癒率は高く、院長坂本が、左記写真の通り、国際学会で発表しました。また、翌年は、ドイツ精神神経学会総会で、摂食障害の発表をしました。
  • 2016年7月、院長が対人関係療法の書籍を共同執筆しました
    トラウマセラピー・ケースブック」です。
    専門書ですが、エルデでどのようにして複雑性PTSDに対する対人関係療法が行われているかが、対話形式で分かりやすく書かれてあります。
    トラウマセラピー・ケースブック
  • 対人関係療法ご希望のご家族の相談をしております
  • 対人関係療法は、カウンセリングとは違います。
    医学的に有効性が認められた精神療法です。
    現在の対人関係の問題と、それによる影響する病気の症状に焦点を当て、対人関係での問題を一緒に考え、行動していただき、対人関係の問題を処理できることによって、病気の症状を治していくものです。
    そうすることによって、現在の対人関係を改善し、症状を改善し、将来も予防するものです。
  • 現在、大変混み合っておりますので、
    「摂食障害の対人関係療法を受けるご希望の患者様のみ」受け付けております。
    大変申し訳ありませんが、その他の患者様は、しばしお待ち頂ければ幸いです。

2.メンタルクリニックエルデ の 対人関係療法(IPT)について

IPT 治療の対象

  • 摂食障害(特に、過食症の過食嘔吐を伴うタイプには治療効果の実績が全世界で認められています※ 拒食症は身体管理を終えた方(体重30kg以上)が対象になります。※ IPTは他の治療と違い、体重を量るなど患者さんの苦痛になることはしません。(水島広子著「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」をご覧下さい)
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)/(複雑性PTSD)トラウマ/トラウマ関連障害
    PTSDに関しては、他の曝露療法のような患者さんの苦痛になることはしません。
    (水島広子著「対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD」をご覧下さい)
  • 社交不安障害
  • 持続性抑うつ障害(気分変調症・気分変調性障害)
  • うつ病:薬物使用困難な(産褥期、妊娠時)うつ病
  • 思春期危機(思春期の様々なうつ、親子間の問題など)
  • うつ病に罹って夫婦・パートナー関係が更に影響している場合

☆注意:対人関係療法で治療する疾患(PTSDや摂食障害、等)や、状態に対して、全員の患者様に対人関係療法が合う・治療適応、となるとは、限りません。
治療適応でない場合は、予備診察・初診の時点、もしくは第0回目の施行後に説明させて頂きます。

★ 対人関係療法を受けられた患者さんの体験記

IPT 治療の回数・期間・料金について(保険診療ではなく別途料金が出ます)

※ 当クリニックでは「1週間に1回、17回1クール(0回の予備面接と説明も含む)」の対人関係療法(IPT)を行っています。

※ 対人関係療法(IPT)は、専門的な、予約に基づく治療となりますので、1回50分のセッション料金として、保険診療費 + ¥ 17,000(<対人関係療法費用/自費>税抜き料金)を申し受けております。

※ 対人関係療法の行っている曜日・開始時間は、以下です:
ご希望/ご事情に応じて多少の前後は可能です。

月曜日:9:30~13:10、 16:00~19:00 から開始。
火曜日:9:30~13:10、 16:00~19:00 から開始。
水曜日:9:30~13:10、 16:00~19:00 から開始。
金曜日:9:30~13:10、 16:00~19:00 から開始。
土曜日:9:30~14:30 から開始。

IPT 治療の流れ

1. 電話にて対人関係療法(IPT)の予約

遠方の方、何度も来院が難しい方は、あらかじめ問診用紙に書き込んで、持参なさって下さい。当日、心理の予診が取れず、医師のみ場合は、問診用紙に診察前に記載頂き、持参されると、初診がスムースに行きます。
または、郵送されるか、FAX、またはメール、でお送り頂くかとなります。
これについては、お電話にて相談させて頂きます。
問診用紙のダウンロードは、ここから
⇒ 問診用紙 ( 一般用  摂食障害用 )+ 一般外来初診用

なお、対人関係療法用の問診用紙だけでなく、
一般用の問診用紙 問診票ダウンロード(pdf形式)にもご記載下さい。