診療時間

11:00~14:00/16:00~20:00
土曜日 9:30~14:30
※休診日 月曜日午前・木・日祝

完全予約制

ご予約は診療時間の30分前からお受けしております。
お電話でご予約ください。
※非通知設定のお電話からは、
「186」を付けてお願いします。
最終受付は平日が19時20分、土曜日は13時20分となっております。

対人関係療法

1.エルデは 日本で 対人関係療法(IPT)を行っている数少ないクリニックです

対人関係創始者のマーナ・ワイスマン博士と

IMG_0056.jpg

対人関係療法の創始者、コロンビア大学教授のワイスマン博士とお目にかかれました。日本がお好きな方で、物腰の柔らかい先生です。
著書は、水島広子先生が翻訳されました下記の本です。
対人関係療法総合ガイド
臨床家のための対人関係療法クイックガイド

対人関係療法を精力的に取り組んでいるジョン・マーコヴィッツ博士と

IMG_0063.jpg

対人関係療法の先端をいき、現役でもバリバリの対人関係療法家のコロンビア大学教授のマーコヴィッツ博士とお目にかかりました。
水島広子先生の兄貴分です。とても気さくで、物腰の柔らかい方です。
まさに、対人関係療法家が植物的であるのにぴったりな先生です。この方こそ、対人関係療法家だと思いました。
トラウマ、PTSDにも意欲的に取り組んでいます。
著書は、ワイスマン博士と共著の上記の本です。
ワイスマン博士、マーコヴィッツ博士ともに当ホームページへの写真の掲載を快く許可してくださいました。

2011年6月23日に院長が国際対人関係療法学会(is IPT)、アムステルダムにて摂食障害の研究を発表しました。

ams.jpg

2012年11月22日に院長が、ドイツ精神神経学会総会(DGPPN KONGRESS)、ベルリンにて、摂食障害の研究を発表しました。

2012年11月22日に院長が、ドイツ精神神経学会総会(DGPPN KONGRESS)、ベルリンにて、摂食障害の研究を発表しました。

2014年5月16日-17日に院長がドイツ フライブルク大学で対人関係療法のワークショップを受けました。

これは、フライブルク大学精神科病院です。林の中に囲まれてとても静かで暖かみがある開放感のある病院です。
フライブルク大学精神科病院

フライブルク大学 精神科 精神療法教授 シュラム教授と

シュラム教授
2016年7月13日に院長がドイツ フライブルク大学で対人関係療法ワークショップ 児童・思春期版対人関係療法のワークショップを受けました。
7月15日には、ドイツ対人関係療法学会の開催式・会議に出席しました。
ドイツ フライブルク大学教授のシュラム博士と今回で3回目の会談です。
シュラム教授はドイツの対人関係療法の第一人者で、対人関係療法の治療者教育をドイツ国内で精力的に取り組んでいます。国際対人関係療法でも活躍されています。
シュラム教授はとても繊細で柔らかい方です。そしてもの凄い量の仕事をこなされます。私はに習うべき点がたくさんあります。
シュラム教授は、当ホームページへの写真の掲載を快く許可してくださいました。

対人関係療法(IPT:Interpersonal Psychotherapy )の簡単な紹介

  • エビデンスベイストな(科学的な研究の結果、治療効果があると立証された)、世界で行われている「短期精神療法」です。
  • 対人関係療法(IPT)は、セッション回数をあらかじめ決めて行う期間限定の治療ですが、その効果は治療終了後も維持されることが臨床研究で明らかに示されています。
  • 特に、うつ病、摂食障害、不安障害への有効な治療と証明されています。
  • 日本では、水島広子先生が第一人者として対人関係療法専門のクリニックで治療を行うとともに、普及啓発に努めておられます。
    (対人関係療法の詳細については、どうぞ水島広子先生のクリニックHP数々の著書にてご覧下さい。

メンタルクリニックエルデでは、

  • 対人関係療法研究会のワークショップにて、「国際的なIPTトレーナー」である水島広子先生による正式なトレーニングを定期的に受け、臨床経験を積んでいる「医師、 臨床心理士、および精神保健福祉士」が対人関係療法にあたります。
    受講証明書
  • いずれのIPT治療者も、IPTを受ける方が「安心・安全」を感じながら治療を進めていけるように、患者さんとの共同作業であるという目線をもって一緒に治療を行います。
  • 摂食障害(過食症・拒食症)、PTSD、持続性抑うつ障害(気分変調性障害)の対人関係療法を積極的に行っています。
    特に、過食症の方の治癒率は高く、院長坂本が、左記写真の通り、国際学会で発表しました。また、翌年は、ドイツ精神神経学会総会で、摂食障害の発表をしました。
  • 2016年7月、院長が対人関係療法の書籍を共同執筆しました
    トラウマセラピー・ケースブック」です。
    専門書ですが、エルデでどのようにして複雑性PTSDに対する対人関係療法が行われているかが、対話形式で分かりやすく書かれてあります。
    トラウマセラピー・ケースブック

2.メンタルクリニックエルデ の 対人関係療法(IPT)について

IPT 治療の対象

  • 摂食障害(特に、過食嘔吐を伴うタイプには治療実績があります)※ 拒食症は身体管理を終えた方(体重30kg以上)が対象になります。※ IPTは他の治療と違い、体重を量るなど患者さんの苦痛になることはしません。(水島広子著「拒食症・過食症を対人関係療法で治す」をご覧下さい)
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)/トラウマ
  • 社交不安障害
  • 持続性抑うつ障害(気分変調性障害)
  • うつ病:薬物使用困難な(産褥期、妊娠時)うつ病
  • 思春期危機(思春期の様々なうつ、親子間の問題など)
  • 夫婦・パートナー関係

IPT 治療の回数・期間・料金について

※ 当クリニックでは「1週間に1回、16回1クール」の対人関係療法(IPT)を行っています。

※ 対人関係療法(IPT)は、専門的な、予約に基づく治療となりますので、1回50分のセッション料金として、保険診療費+¥17,000(予約料)を申し受けております。

IPT 治療の流れ

1. 電話にて対人関係療法(IPT)の予約

あらかじめ問診用紙に書き込んで持参されるか、郵送されるか、FAXでお送り頂くかを電話にて相談させて頂きます。
問診用紙のダウンロードは、ここから
⇒ 問診用紙 ( 一般用  摂食障害用 )

初めての方は、お電話にて「対人関係療法を希望します」、もしくは「対人関係療法に興味があります」等の旨をお伝えください。
そうでない場合は、対人関係療法担当からの問診が受けられず、2回以上の来院となる事がありますのでご理解頂ければ幸いです。

2. IPT外来の初診
予備診察と本診察の目的
  • 病気の確定診断
  • 他の疾患の有無
  • 対人関係療法の適応となるかどうかの判断
  • IPTの医学的説明(医師)
  • IPTの案内(IPTスタッフ:臨床心理士、精神保健福祉士)
    • 治療の具体的日程の相談
    • (ゼロ)回目までに書いて頂く「問診用紙など書類一式」のお渡し。既にダウンロードし、記入済みの方は、持参頂くかお送りください。
    • 気になる点、ご質問が有れば、どうぞお尋ねください。
3. お渡しした書類一式をお持ち頂き、事前面接として第(ゼロ)回目のセッションを行います
第0回目のセッションの目的
  • 対人関係療法の適応となるかどうかの再確認をします。
  • 対人関係療法を受ける準備面談として、発症のきっかけ、悪化・変化した時の人間関係や出来事について伺います。
  • 現在進行中の対人関係や出来事について伺います。
4. 「週一回、決まった時間」で「16回のセッション」を設定し、対人関係療法(IPT)を始めます

3.メンタルクリニックエルデ の 対人関係療法(IPT)を受ける皆さまへ

IPT 治療者からのメッセージ

  • 治療に行く、というご自分のモチベーションを維持できるよう、16回の期間限定、短期集中という枠組みとなっています。
  • IPTは、困っている症状を「医学的に捉える」精神療法です。
  • 治療の中では、現在進行中の対人関係や出来事について扱います。
  • 「困った言動は病気の特性からくる症状」であって、コントロールが効かない状態であり、性格の問題ではないことを丁寧に説明します。
  • 最初そうは思えなくても、徐々に理解が深まっていくことを目指しましょう。
  • ご家族や関係者の方に理解して頂けるよう、治療者がしっかりお手伝いします。
  • IPTは、治療目標に焦点を絞り、ご自分が日常生活の中で試しに実践した結果を、治療者と検討しながらゴールを目指す共同作業です。
  • 皆さんは、一人ぼっちで頑張る必要はありません。治療者と一緒に目標に向かって、出来そうなことから取り組んでいきましょう

対人関係療法治療者は、対人関係療法の入門講座・応用講座を終了し、治療者になっただけではありません。

対人関係療法治療者は、「対人関係療法の質を維持」し「向上」しなければなりません。

このため、当院の治療者は、常に水島先生の研究会に参加し、そこで厳しいトレーニングを受け、新しい話題も聴講しております。

また、新しい書籍・文献を読み、当院内でカンファレンスを開き、常に向上するために邁進してまいります。

IPT 治療者紹介

dr2.jpg

メンタルクリニック エルデ

院長:坂本 誠(さかもと まこと)

聖路加国際病院 登録医

★コメント★

「IPTでは、患者さんが安心できる環境を一緒に考え作っていくプロセスのなかで、『治療者が患者さんの代弁者』となる時期もあります。

徐々に、ご本人が「自分でもできた」「人に気持ちを伝えられた」と自信を重ね、自尊心を育てていき、良くなったと感じられる治療をめざします。」

>> 院長プロフィール詳細は、こちら

koyama.jpg

小山 拓哉(こやま たくや)

臨床心理士・精神保健福祉士
日本認知・行動療法学会 会員

立教大学大学院 現代心理学研究科 臨床心理学専攻前期課程修了、アドラー心理学・コミュニティ心理学を中心に幅広く学ぶ。
株式会社ピース・アンド・ホープ研究所にて認知行動療法を実践。

水島広子先生より対人関係療法のトレーニングを受け、 メンタルクリニックエルデにて、対人関係療法の専門治療者として研鑽を積む。
また、 メンタルクリニックエルデでの、認知行動療法の専門治療者。

★コメント★

「IPTには少し勇気が必要です。勇気を出す時、不安が伴うかもしれません。しかし、それを成し遂げた時、不安は自信に変わっていると思います。一歩踏み出す勇気をつけるお手伝いをさせていただければと思います。」

umino.jpg

海野 素麗(うみの そら)

精神保健福祉士
国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ科修了
東京福祉大学心理学部心理学科修了
体内環境師
アティテューディナル・ヒーリング(AH)
ワークショップファシリテーター
グループファシリテーター

音楽教育に従事し、感じる心を大切にしたコミュニケーション力を育てる指導にあたる。体内環境師としてセミナーやカウンセリングを行う。
AH環境で私は、相手を変えようとしないことが変化を起こすことにつながり、AHの共存の聴き方で、人生をとらえる別の選択肢があることに気づくことができる、という経験を重ねてきた。

水島広子先生より対人関係療法のトレーニングを受け、メンタルクリニックエルデにて、対人関係療法の専門治療者として研鑽を積む。

★コメント★

IPTでは、自分のプロセスを歩むことができるあたたかい治療を提供し、安心できる場所から新しいパターンを始めることができます。人間のあたたかさや患者さん自身に備わった力につながる治療をめざしています。

noimage.jpg

沢宮 容子(さわみや ようこ)

臨床心理士

筑波大学大学院教育研究科修了、博士(心理学)

筑波大学人間総合科学研究科教授

水島広子先生より対人関係療法のトレーニングを受け、 メンタルクリニックエルデにて、対人関係療法の専門治療者として研鑽を積む。

★コメント★

対人関係療法は、実証性を基盤としている点で、認知行動療法と双璧をなす治療法です。
日本で対人関係療法を行っている数少ないクリニックの一つであるエルデで、皆さんの問題解決に向けたお手伝いができればと思っています。